【風邪をひく】【病気になる】なぜcome down with?その語源

come-down-with-a-cold 熟語
come-down-with-a-cold

『come down with』という英熟語(イディオム)はご存知でしょうか?

有名なイディオムの一つなので、ご存知の方も多いかもしれません。
例えば『風邪をひいている』というのは英語では以下のような文章になります。

I am coming down with a cold.
私は風邪をひいています。

要するに『come down with something』というのは、『何かにかかる』(主に病気)という意味で使われるイディオムになります。

例えば、『ひどいインフルエンザにかかった』ということを文章にしたい場合は以下のようになります。

I have come down with a serious flu.
私はひどいインフルエンザにかかった。

しかし、なぜ『come down with』が『病気になる』という意味で使われるようになったのでしょうか?
その語源について紹介をしたいと思います。

 

Summary:要約

『come down with』は『come down』と『with』に分かれ、前者は『調子を落とす』という意味があります。

『with』は原因や理由を表すwithですので
『come down with』は『with』以降の原因により『体調をくずす』

つまり『何らかの病気などにより体調が悪くなる』という意味から転じて、『病気になる』という意味になりました。

 

『調子が悪くなる』という意味の『come down』

まず『病気になる』の『come down with』は、以下の二つの要素に分かれます。
『come down』+『with』

そして前者の『come down』には『調子が落ちる』『体調が悪くなる』『活動のレベルが低くなる』というような意味があります。

そして『with』は『原因や理由』を表すwithになります。

ゆえにそれらを接続すると
『with』以降の原因や理由によって、『come down』する
つまり何かによって調子が落ちる、体調を崩す、という意味になります。

それが転じて、『come down with』が『病気にかかる』という意味で使われるようになりました。
※なお多くの場合、『catch』も同様の意味で使うことができます。

例文:

He has come down with a bad fever.
彼はひどく発熱しています。

Her team has all come down with the flu, so none of them will be able to attend tomorrow meeting.
彼女のチームは全員インフルエンザにかかってしまったので、明日の会議には誰も参加できません。

I think I have caught a cold.
どうやら風邪をひいたようだ。

コメント