『L』と『R』の発音の違いとコツ

l-vs-r 発音
l-vs-r

英語学習において『L』と『R』の発音の違いがわからないというのは、日本人なら誰もが通る道だと思います。私も本格的に勉強を始める前までは何が違うのか全く理解できませんでした。

ただ『L』と『R』という二つの発音について、それらを別の音として聞き分け、そしてまた発音するのには簡単なコツがあることを知り、それからは信じられないほどすぐに二つの発音の違いを認識できるようになりました。

ここではその『L』と『R』の違いについて簡単に理解できるコツについて紹介をしたいと思います。

Summary:要約

『R』は発音の前に『ゥ』(小さいウ)を挟む。
『L』は発音の前に『ン』を挟む。
ただし『L』は日本語の『ラ行』に発音が近いため、そこまで意識する必要はない。
重要なのは『R』の発音を意識すること。

そもそも日本人が『L』と『R』を区別できない原因

日本人が『L』と『R』を区別できない原因は非常にシンプルで、日本語においては『R』の発音が存在しないためです。
そのために同じ『ラ行』として『L』『R』が認識されてしまっていることが原因です。

日本人の『ラ行』はどちらかと言えば『L』の発音に近いため(厳密には違いますが)、実は『L』の発音はそこまで練習する必要が無く、『R』の音さえ認識することができれば『L』と『R』の聞き分け・使い分けをすることが可能です。

ということで、ここでは『R』の発音の特徴についてフォーカスします。

『R』の発音のポイント

学校などで良く言われるコツとしては「舌を上あごに付けないように、舌を巻いて発音する」というものがあります。
これはこれで確かに正しいのですが、『R』の音をより正しく発音・リスニングができるようになる簡単なコツがあります。
それは『R』の発音の前に小さい『ゥ』を挟むことです。

例えば「Right」であれば、『ゥライト』というように発音をすることで、よりネイティブのような発音になります。
リスニングにおいても同様で、音に『ゥ』のニュアンスがあれば『R』。
無ければ(日本語の『ラ』のようなニュアンスがあれば)『L』というように聞き分けることが可能です。

言葉だけだとわかりにくいかと思いますが、こちらの動画が非常によくできているため、是非一度ご覧になってください。

こちらの動画を一度見た上で、以降の『L』『R』の発音を『ゥ』を意識して続けていくだけで、ほとんどネイティブに近い発音と、『L』と『R』を聞き分ける耳を手に入れることができます。

ポイントなのはここで学んだコツを「意識して継続していく」ことです。
例えば「Rice」という単語を見かけたときには、今後必ず『ゥ』を意識して舌を巻いて『ゥライス』と発音するようにしてください。
これを継続していくことにより、『L』と『R』の音の違いが間違いなく定着していきます。

リスニングに関しても早い人は一日で、遅い人でも意識して継続することで一週間もすればほとんどの場合において聞き分けることができるようになります。

『L』の発音のポイント

上の動画を見た方はお分かりかと思いますが、言葉で説明すると以下のようになります。
「歯で舌を挟むように」「舌を上の前歯の付け根、裏に当てる」

『R』と同じように発音で表現をすると、前に『ン』を挟むことでネイティブに近い発音になります。
リスニングに関しても、発音の前を意識することで『ン』なら『L』、『ゥ』なら『R』と聞き分けることが容易になります。

こちらもぜひ継続して意識をして発音・リスニングを続けてみてください。
重要なのは普段から意識をして発音・聞き取りをすることで、それによって確実に上達・定着をはかることができます。

※ただし上でも述べたように、『L』の発音は日本語の『ラ行』に近いため、『ラ行』と同じように発音をしてもたいていの場合問題なく通じます。(個人的な経験では通じなかったことは一度もありません)
『R』についてはやはり意識をして発音をしないと通じにくいため、ぜひ前に『ゥ』を挟んだ上で舌を上あごに付けないように丸めて発音するということをしっかりと意識して継続して行うようにしてみてください。

本当に、すぐに違いがわかるようになるのでオススメです。ぜひお試しください。

コメント